Search
Search Menu

合宿免許の準備と持ち物について

“合宿免許は、短期間(一般的に2週間程度)で集中して教習を受けて卒業を目指す教習システムのことで、自動車免許取得を目指すものは寮に宿泊することになります。合宿免許の持ち物は、宿泊するため、旅行に必要なものを準備するようなイメージです。旅行と異なる点としては、洗剤の準備です。通常、宿泊施設に無償で貸し出してくれる洗濯機があるのでそれを利用して毎日洗濯することができます。防犯の観点から部屋干しが原則ですので部屋干しをしても嫌なにおいがつきにくいタイプの洗剤を用意することをお勧めします。売店があるので原則現地で必要なものを購入することができますが、品ぞろえはまちまちなのでこだわりがあるものは持っていくべきです(ものによってはストックも必要です)。また、売店は施設にもよりますが、あまり大きな規模ではないため、例えば日焼け止めは女性にとっては車を運転する場合は必須アイテムともいえますが、一般的に男性にとってはあまり重要度の高いものではありません。そのため、売店で取り扱ってないか、取り扱っているとしても1、2点である場合が多いため、日焼け止めは多めに持っていくべきです。また、ドライヤー、タオルも普段の旅行ではあまり持って行かないですが、合宿免許を取りに行く場合は2週間程度の連泊になるため快適に過ごせるようにこまごまとした日用品は持っていくことが必要です。仮免時、卒業検定の対応方法は普通に言われたことを行っていれば合格できます。安全確認をしっかり行うことが重要だと思います。また、ミニテストが実施されそれに受かることを求められますが1回ごとに100円程度のお金を支払う必要がある場合があるためお金に余流を持っていくと安心して挑めると思います。